>

慎重にトレードを進めよう

感情的にならないように

これからFXを始める人は、どんな時にトレードを行うのか具体的なルールを決めてください。
多くの人が決めているのは、何パーセント以上の損失が出たら損切りをする、重要指標が発表される前にポジションを決済しておく、トレードをする時間を決めるなどというルールです。

このようなルールを決めることで、感情的になることを防げます。
FXで一番やってはいけないことが、感情的になることです。
うまくいかなくてイライラしたり、ネガティブになったりすると正しい判断ができません。
すると選択を間違えて、さらに損失が増えるという悪循環に陥ってしまいます。
FXをしている最中はどんな事態が起こっても、冷静に判断することを忘れないでください。

勘だけに頼ることは禁止

基本的にどのような投資でも、根拠に基づいて行動するものです。
ですから勘だけを頼りにして、トレードに臨まないでください。
FXでローソク足にサインが出た時や、雇用統計が良かった時にトレードを行うなど、必ず根拠を見つけてください。
ちなみにFXに挑戦している人の中には、勘で成功する人も見られます。

しかし毎回勘で成功させることはできませんし、勘で成功する人のほとんどはFXの上級者です。
初心者が上級者のマネをして、何の情報も見ないまま勘だけで判断することは控えてください。
ですからどんな時にトレードをすれば良いのか、勉強することが欠かせません。
たくさん勉強して知識を吸収すると、それだけ有利にトレードを進められます。


この記事をシェアする