>

ポジションを持つ際の注意点

存在を覚えておこう

ずっとポジションを持つと、リスクが増えます。
損失を避けるためには、いつポジションを持てば良いのか考えてください。
それもルールを決めたり、根拠に基づいて行動したりすることがポイントです。
もし今がポジションを持つべきタイミングでないと感じたら、我慢しましょう。
FXでは、我慢することも重要です。
ポジションを持っていなくても、チャンスを逃しているわけではないと自分に言い聞かせましょう。

さらに、ポジションを持っていることを忘れないでください。
忘れたまま所有し続けていると、気づかないうちに損失が増え、強制ロスカットになる可能性があります。
そうならないよう、ポジションを持っている時は総資産額や証拠金維持率を確認する癖を身に付けましょう。

頻繁にロスカットをしない

ロスカットの仕組みを覚えることも、トレードを成功させるために欠かせません。
ロスカットとは、証拠金維持率が決められた金額を下回った時に、強制的にポジションを決済する方法です。
すると証拠金以上の損失が出ないのでリスクを減らせますが、ロスカットラインを知っておきましょう。
そして頻繁にロスカットが起こらないよう、証拠金維持率に余裕を持ってトレードを行うことがコツです。

ちなみにFX会社ごとに、ロスカットラインが変わります。
FX会社を選択する際はツールの使いやすさや、手数料の安さを基準に考える人が見られます。
それ以外にも、ロスカットラインもチェックした上で決めてください。
自分にとって、使いやすいFX会社を見極めましょう。


この記事をシェアする